春の植え付け準備

長い冬の期間、畑も冬眠状態です。
Screenshot_20200419-161206_Photos.jpg
強い冬の風により、マルチも剥げ表土も飛散し寒々とした光景です。
20200415_093924.jpg
20200415_094502.jpg
1年ぶりに畑の全面耕運です。小さな耕運機ですが2時間もあれば簡単にできます。いつもは沢山いたカエルも今年は少ないようです。
20190417_134030.jpg
目がさめたばかりなので動きは鈍い。
20200416_081458.jpg
20200416_080552.jpg
畝づくりは人力なのでこれはけっこうキツイ。
すこし曲がっているが、まぁいいか。
20200416_084559.jpg
畝に苦土石灰と油カスを散布し、
20200416_084621.jpg
20200416_084608.jpg
その上に牛ふん堆肥をまき、混合します。
20200417_144959.jpg
畦は全部で30畝作ります。
堆肥はこの畑には15袋いれる予定です。
1袋350円なので堆肥代は約5000円です。
ここまでやれば後は、5月の植え付けまでなにもしません。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

konkon
2020年04月20日 12:27
くりくりさん、畑の全面耕運乙です。
那須も春の訪れですね。
いつも思うのですが、畑の土の色がいいです。
今年の、くりくりファームの豊年豊作をお願いします。
早速、ジャガイモと夏野菜から期待しています。
ギャラリー静河
2020年04月23日 00:50
コロナの影響も無く、畑仕事は羨ましいですね!
こちらは不要不急の外出自粛で、畑がどうなっているやら心配です。

土壌の栄養は牛糞がいいですかね?
シルト質のカチカチ土壌は、何をしても駄目なような気がしています。